Monology

管理人こまどりの独り言です。

舳倉島は暑かった 探鳥日記
行き、輪島に着いたときは、すごく寒かったです。
薄手のシャツ一枚だったので「これは、失敗したかなぁ」と思いました。

しかし、日が昇ったら気温がぐんぐん上がって、暑くなってきました。
天気も良くて、日差しも強く約10キロの機材を担いで島を周るのは
結構つらかったです。

時折日陰に入って、水分補給しながらの探鳥でした。
ほかのカメラマンたちも、日陰を求めて涼をとっていました。

今年で9回目の舳倉島だったのですが、前回までGWに行っていました。
でも、時期的に珍鳥の渡りにはちょっと早いようです。
その代わり、キビタキやオオルリなどはよく見られました。

今回初めて5月中旬に行くことになって、新しい出会いが楽しみでした。
実際、出会えたのです。ヤツガシラも一瞬でしたが、見ることができました。
撮りたかったです。

コウライウグイスも、以前に滋賀県で撮れましたが、枝被りで
あまりいい写真は撮れなかったので、今度こそはと意気込みました。

GWの時期は、島に来る人は基本的に現役世代の人が多いので、
年齢層も若いです。

でも、GWを過ぎると仕事を引退した年配の方々が圧倒的多数でした。
70歳を超えているとみられる方々が、元気に島を歩いているのを見て
私もああなりたいと思いました。

探鳥中に知り合った東京から来られた方は、80を超えていました。

あとは、カメラマンの数が多かったです。常時50人はいたと思います。
いつもは、野鳥観察舎に入って撮影できたのですが、
人が多くて、とても無理でした。なので今回は観察舎には行けませんでした。
毎年日焼けして帰ってきたので、今回は日焼け止めを塗りました。
毎回ながら手袋もして糠蚊対策もしました。

車は行きも帰りも渋滞に遭わなく、スムーズでした。
行きは夜中だったので、わからなかったのですが
帰り「のと里山海道」の沿道に野生のフジの花がいっぱい咲いていました。
薄い紫の色がきれいでした。ふ~ん、GWでは見られない光景だなと思いました。

また来年も行きます。

コメント